親のことどれくらい知ってる?~長女のための終活セミナー~

1月15日、今回3回目となる
“ 長女のための終活セミナー&座談会 ” を開催しました。

会場は人形町のイタリアンレストラン
ランコントレ・トントさん♪♪♪
アットホームで落ち着ける雰囲気が、
このセミナー&座談会にピッタリでした(#^^#)

この日、参加してくださったのは6名の長女様。
ほとんどの方が『 今まさに悩んでる 』という長女さんでした。

妹がいる長女さん、弟がいる長女さん、
妹も弟もいる長女さん・・・長女のタイプも色々だし、
住まいも家庭環境も事情も親との距離感や関わり方も
皆さんそれぞれ違うのに、
「あ~分かる~」と共感できることが沢山。

・なんだかんだあっても親のことが心配
・やっぱり親のことは長女のわたしが看ることになると思う
・責任感が強い
・「こうしなきゃ」「わたしがやらなきゃ」と思う
・結局ほかの兄弟・妹には任せられない
・誰にも相談できない、したくない
・でも長女だって誰かに頼りたい時はある

↑これって、長女あるあるなんじゃないかな~と思います。
みんながみんな、そうではないでしょうけど…。
「妹の方がしっかりしてる」
っていうお家もあるでしょうし(^^ゞ

「確実にいつか来るその時」のこと、
やっぱり想像したくないし、
縁起でもないって言われそうだから
真剣に話し合ったり考えたりしづらかったんだけど…
という長女の皆さんに、
その様々な “ もしも ” の場面を想定してみよう!
その時長女はどんなことをすることになるんだろう?
をとにかくいろいろ知っていただきました。

また、講座の中で
「親のこと、どれくらい知ってる?」という
内容にも触れましたが、
わたしも含め、親のことって案外知らないことが多い…
“ もしも ” のことがあった時に
「知らなかった~」と嘆くことや困ることが沢山あるんですよ・・・。

知っておくことが何より大事。

そして、
自分の想いや、実際に経験したこと、
人にはなかなか相談できなかったことなどを
話して聴いて、気持ちが軽くなる座談会も大事な時間。
美味しいケーキを食べながら…(#^.^#)


(受講者様が撮ってくださった写真をお借りしました)

誰かの経験って、
誰かをラクにしたり、誰かの役に立ったりするんだな~
と実感しました。

わたし自身も今回皆さまのお話を伺って
勉強になることがたくさんありました。
特に、今現在親御様の終活に直面されている
という長女さんの経験談と想いには胸を打たれました。
色んなことを経験されて、
「やっぱり親のことを知っておくことがとても大切」って
ひしひしと感じられているそうです。

実際に長女の皆さんが、
どんな問題や不安を抱えているかが改めて分かったので
今後はその問題を解決に導く長女セミナーも企画します!

「わたしも長女!」
「今こんなことが大変!」
「こういうことが心配」など、
親の終活について少しでも思い浮かぶことがあれば
ぜひ教えてください☆彡

こちらにお願いします!

関連記事

  1. エンディングノートを書く前に…

  2. 「いつもと違う」身体のサインを楽観視したら…

  3. 差額ベッド代のモヤモヤ

  4. 今年一番の体験と思い出と写真を! ~” 令和元年…

  5. 63歳、終活始めます。

  6. 親が倒れた!もう一方の親への声掛けの極意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP