生前相続って何?

「生前相続っていうのがあるんだね~」
とメールをいただきました。
私は観ていなかったのですが
朝のワイドショーの1コーナーで紹介されていたそうです。

古くからの友人や初対面の方に、
今わたし終活の仕事をしているんですよ、と話すと
「終活ってお葬式やお墓のことを考えることでしょ?」
とおっしゃる方より
「相続のこと教えてほしい」とか
「うち、相続で揉めたからその前に会いたかった」なんて
おっしゃる方の方が多いような気がします。

先日開催した長女のための終活座談会&セミナーでも
長女が直面するであろう親の終活の中で
相続についての知識を得ることがとても重要だってことを
受講者の皆さまとお話ししていたところです。
(このセミナーの詳細については近いうちに!)

わたし自身、この仕事を始めるまでは
遺産相続って別世界の話…って思っていました。

でもけっこう身近!
親が高齢になって尚更「相続に関してもっと知らなきゃ」
と色々調べたり専門家の先生に聞いたりしています。

例えばお父さんが亡くなってから
うちにはどれくらいの財産があって、
誰がどれくらい受け取れるのか、
ローンなどのマイナス財産があったらどうするのか、
を調べたり協議したりするには時間が足りなかったりする…
相続するかしないかって、
3ヶ月で決めなくちゃいけないってこと、ご存知ですか?
この3ヶ月が早いか遅いか…は、このお父さん次第。
生前に対策できていたかどうか、なんですよね~。

で、今朝のメールの「生前相続」

この場合のお父さんが、元気なうちに自分の死後を考えて
うちにはこれくらいあるという財産の全容と
この財産はこの人にという遺産分割の仕方を決めておくこと。

遺言書を書くとか、生命保険の受取人に指定しておくとか
生きている間に少しずつ財産を贈与しておくとか…。

これ、ホントにちゃんと知っておいた方がいいです。

私も勉強しながら、イロイロ紹介していきたいと思います。
ドラフト相続って?代襲相続って?遺留分って?(@_@)
こういうこと知りたい!これってどういうこと?…を
リビングプルーフがあなたに代わってお調べしますよ☆

子の立場から言えば
「お父さん、うちにどれくらい財産あるの?」
「生前に対策してる?」が言いづらいな。。。
これについても、わたし自身が実践しながら
皆さまと一緒に考えていきたいです!

皆さまの疑問やご意見を随時お待ちしております。

関連記事

  1. サ高住ってどんなところ?~元気なシニアの独り暮らし~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP