高級老人ホームってどんなところ?

ひとくちに『老人ホーム』といってもイロイロあります
と、終活セミナーでお伝えしておりますが、
本当にイロイロあるということを実感してまいりました。

私の父が急に「ココに見学に行ってくる」と
都心にある有料老人ホームのパンフレットを差し出してきました。
実家を建て替えした住宅会社からのご案内状を見て
父が今後の住まいの選択肢の一つとして、一度見に行ってみようと見学を申し込んだとのこと。

終活においても欠かせない、親の今後の住まいのこと。
介護福祉士の私も、
自分が勤めていた数軒の介護施設のことしか知らず、
「こういう老人ホームを私も見てみたい」と見学予約を2人にしてもらいました。

有料老人ホームも様々なところがあるのですが、
こちらはいわば「高級」と言われる、
ビックリするくらいの入居金が必要な介護付き有料老人ホーム。
終活講座でいつも「有料老人ホームも高いところばかりではないんですよ~」とお話ししている私自身、
高すぎるホームってどうなのよ!と思っていたのですが、
高額なのにはそれだけのサービスと安心があり、
よくよく計算したら、この金額は高くないんじゃないか…
とすら感じたのでした。

宣伝らしい宣伝はしていらっしゃらない施設なので、
施設名や場所などが分からない程度の写真のみアップします。

住宅街に突如現れる高級感ムンムンの建物かと思いきや
周りのマンションとさほど変わらない外観。
中に入ると…そこはもうホテルでした(*´▽`*)
フロントもクロークもロビーのソファーもホテルそのもの。

レストランは和食・洋食・中華に加え、体調が優れない時のお粥や雑炊、嚥下状態に合わせて細かく刻んだお食事や、噛まずに食べられるムース食など、注文すれば何でも作っていただけるそう!
週に1回、有名なお寿司屋さんが出張営業する、
カウンター付きのお寿司専用ルームもありました(゜o゜)

何と言っても驚いたのは、
施設の中に24時間体制のクリニックがあること!
夜中に急に具合が悪くなった時や
転んでケガをしてしまった時に、すぐ診てもらえるって…
スゴすぎませんか!?人間ドックも可能なほどの設備と
お医者様が施設の中にいつでも居るという安心感
他の施設ではそうそう得られない…(私が勤めていた老人保健施設でもお医者様が居るのは日中のみです)

介護が必要になったら、できる限りお住まいのお部屋で
職員が介助や支援をしてくれるそうですし、
四六時中お世話が必要になったら、
クリニックと同じフロアの介護専用居室に追加料金なく移動できるそうです。

とはいえ、ずっと元気で楽しく過ごせるように
トレーニングルームやアトリエ工房、囲碁ルーム、
ミニシアター、図書室、お茶会ができる和室など
共有スペースが充実しているので、
「施設に入ると何でもしてくれるからボケちゃう」
ということが全くないのです。
ご入居のお仲間同士でコーラスのレッスンを受けられたり
最上階にあるスカイラウンジでパーティーを開いたり
陶芸クラブで作った作品の展示会があったり
施設内の色んな空間で、
よりイキイキとした生活を送ることができるようになっている・・・。

こちらの入居の条件は
身の回りのことを自分自身で行うことができること。
つまり要介護状態ではない…ということ。
…ん?…介護付き有料老人ホームなのに要介護はダメなの?
と思った皆さま。わたしもそう思いました。

あくまで入居の時点で要介護状態ではない…ということなのです。
元気な時に入居して、ここで暮らしているうちに
病気やケガで思うように身体が動かなくなってしまったり
認知症などで誰かの見守りが必要になってしまったり
年を重ねて「最期」が迫ってきたり
こういう場合に万全の体制で手厚くお手伝いします!
ということなんですよ。

「そうなってから」という事後対応ではなく
「そうなった時に備えて」という事前対応。

病で倒れてしまってから…認知症を発症してから…だと、
選べる、というか
入ることができる施設が少なくなってしまいます。

元気なうちに自分らしく過ごせる施設を選んで
同じ想いを持って入居された方々と出会い
日々の楽しみや生きがいが増え、
それが介護予防にも孤立化防止にもなる。
“もしも”の時がきたら、最期までここで看てもらえる。

一人で実家に住む父の今後を考えたら
これほどの素晴らしい住居とシステムと対応と
この安心感が得られるならば
しょっぱなに「ヒェ~!」とビックリした入居金の金額は、
決して高くない!と思いました。

とはいえ、一般庶民のわたしには払えませんが…(^^ゞ
「わたしが出すからココに入ろう!」と言えるように
頑張っていこうと思います☆彡

しっかし、実際に見に行ってちゃんと説明を聞かなければ
ここまでのことは分かりませんでした。
父が見学に行くことを教えてくれたからこそ、
こういう機会に恵まれました。父に感謝♪

知るって大事。
選択肢を増やすって大事。

介護施設だけではなく、
様々なお墓・供養の形や、葬儀場なども実際に足を運んで
見て聞いて知っていこうと思います。

「〇〇〇ってどんなところ?」シリーズにしていきたいな。
こんなところに行ってみてほしい
のリクエストがあれば、ぜひお聞かせください☆彡

リクエストはこちらへ!

 

関連記事

  1. 親の終活はやっぱりわたしが?~長女のための終活セミナー~

  2. 嵐-ARASHI-の大野くんの終活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP