夏とお年寄りと厚着

暑い暑い日々が続いております。ちょっと前まで
「今年は冷夏かも…」と言っていたような気もするのですが。
毎日のように熱中症で亡くなってしまった方が
全国で何人もいらっしゃるというニュースが流れるたびに、胸が痛くなります。

炎天下の中、外に出なければ・・・
家で冷房さえつけていたら・・・
助かったかもしれない命。

テレビ番組などでも報道されていますが、
高齢の方は特に、電気代が勿体ないから…もしくは
身体を冷やすのは良くないと冷房を嫌う方が多く、
クーラーをつけずに家で過ごす方が沢山いらっしゃいます。
暑さなんてガマンするのが当たり前!という方も少なくありません。

介護士として、老人ホームやデイサービスで
大勢のおじいちゃんおばあちゃんと接していますが、
自称寒がりな方って、けっこう多いなと思います。
特に認知症の高齢者の方は注意が必要で、
冷房の風を極端に嫌い、少しでも身体にあたると
「こんなに寒い日にクーラーつけてるの?消して!」
と訴えられることって
どこの施設に行ってもけっこうあるんです。
室温管理されている建物の中で過ごされていることや、
認知症の中核症状の一つ、季節や時間、場所などが
分からなくなる見当識障害によって、
今が夏で、外は暑いということが認識できず、
身体のために冷房をつけていることもなかなか理解できず…。

また、一度寒いと感じて、冷房を止められないと分かったら
部屋に戻られて何枚もの洋服を重ね着される方も多いです。
先日施設の仕事に行った時、一目で「何着きてるの?」
と思ったほど着ぶくれしてるおばあちゃん。
毎朝必ず体温と血圧を測るのですが、37.2度の微熱あり。
「おしゃれチェック」と称し、確認すると…
肌着2枚+ブラウス+トレーナー+カーディガンの計5着。
しかも肌着のうち1枚は裏起毛でした…Σ(゚д゚lll)
そりゃ~熱もこもりますよ。
「このブラウス可愛いのにトレーナーで隠したら勿体ない」
と、裏起毛の肌着とトレーナーは脱いでいただきました。
ちなみに肌着は汗びっしょり。。。
頭と心は寒いと感じているけれど、
身体は暑がっていたんですよね。
高齢者の方や認知症の方は暑さを感じにくかったり
熱が出ていることに気付かなかったりするので
本当に注意が必要なのです。

部屋の温度が管理され、厚着していることに誰かが気付き
お茶やスポーツドリンクなどを随時提供される施設に
入居されているからこそ、
このおばあちゃんは元気に過ごしていらっしゃいますが、
自宅に独りで住んでいたとしたら…危ないかもしれません。

暑中お見舞い、残暑お見舞いは
昔冷房のなかった頃、暑さと湿気で夏に亡くなる方がとても多かったことから
「暑いけど大丈夫?生きてる?」と確かめる、
いわば安否確認するためのツールだったと
先日の勉強会で聞きました。

身体から水分が奪われ、身体の中も熱くなり、
血流も悪くなることで、脳血管疾患や心疾患を引き起こしやすくなるとも言われています。

残暑お見舞いや、お盆の帰省などで
おじいちゃん、おばあちゃん、
高齢の親御さまに会ったり連絡を取ったりして
暑さをガマンしていないか、
冷房をちゃんと使っているか、
しっかり水分をとっているか、
少しでも確かめられると安心ですね(*^▽^*)

そういえば、こんなことがあった、大変だった…
などの体験談、お待ちしております。

関連記事

  1. 後悔先に立たず

  2. 『令和』を元気に生きる100歳の習慣とは

  3. 親と温泉とホテルビュッフェ…と私

  4. 今飲んでいる薬は何の薬?

  5. 我が家の手軽で楽しく温かい安否確認方法とは

  6. 舌がん闘病中の家族とのコミュニケーション~堀ちえみさんのがん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP